「市民会議〜岐阜市の未来を考えよう〜」

私は羽島市民です。

が今回、岐阜市で行われた「市民会議〜岐阜市の未来を考えよう〜」に参加させて頂きました。

 

「まち・地域」に関心を持ち、活動していく中で、私に何ができるのか。人と人をつなぐ役目を担えるのか・・・みたいなところをもう少し学びたくて、いろいろな講習を受けてみたり、研修に参加してみたりした中でのご縁をいただき、今回はファシリテーターとして協力させて頂くことに。

これは岐阜市在住の一般市民の方と岐阜市の未来を考えてみよう!と行政さんがワークショップを行ったもので、参加者としてではなく進行していく立場は初めてだったのでドッキドキでした。

人前で話したりするのは滅茶苦茶キンチョーしてしまう私なんですが、まぁ楽しみましょう♪と言い聞かせて。

でも、こういったワークショップに参加される思いのある方々なので、話を聞いていくこともまた勉強になりました。

今回は岐阜市全体としてすごく大きなテーマで話あったのですが、やはり地域に潜む問題はどこも共通しているのだなぁと実感。

広いエリアを対象にしてしまうと実際に動き出すには時間を要しますが、これを自治単位や活動団体等で行えるとすればもう少し身動きがとりやすく、実績にも繋がっていきやすのだろうな、と活発な各地の動きに重ね合わせてみたりして。

 

やっぱり、そこに住む人が自分たちの問題だと真正面に捉えて動き出すことに意味があるのだと改めて痛感しました。

う〜ん、じゃあうちの自治会がこんなことしたらどうなるんやろぉ・・・と妄想すると、、、結構冷や汗かきますな。

 

でも、やってみたいな!!自分達が住むまちを自分達がどうしたいか考えること。

子育てしてると心底そう思う。

453493463-workshop-746539_1920-5Aq-1280x853-MM-100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA