地域貢献

空き家が社会的な問題となっています。
全国で約820万戸、その確率は13.5%と言われています。
8軒に1軒が空き家という現実。
シャッターを下ろした店ばかりが目立つ商店街。
ぽっかりと穴が空いたようなまちなみだけど、誰も暮らしに困ってはいない。
困っていなければいいのか。
まちとしては機能していないのではないか。
住んでいる自分たちが危機感を抱き、
このままではいけないんじゃないか、と気付く。
気付けた時が出発点。

見慣れたまちの景色、
ありきたりないつもの風習、
自分たちにはなんとも思わない事柄が、
実はそのまちの独特な個性だったりする。
そんな埋もれているまちのタカラモノを発掘し、
自分たちで磨き上げ、
改めて見つめ直すことでまちの魅力を再認識する。
その思いは、住み続けたいまちづくりへと繋がっていくと思っています。